ほうれい線ができる原因って?

画像: ほうれい線ができる原因って?

ほうれい線ができてしまったら、もう二度と消えないのではないかと、憂うつな気持ちになってしまいます。そのような事態を避けるためにも、ほうれい線を予防することが大切です。
まずは、原因を突き止めましょう。ほうれい線ができる原因として、最も多く挙げられているのは紫外線です。肌の劣化が進み、ほうれい線ができやすくなります。紫外線を浴びなくて済むように、帽子や日傘、日焼け止めクリームで予防することはとても重要です。
また、顔の筋肉が衰えることもほうれい線の原因となりますので、常日頃から鍛えておくことも大事です。唇を尖らせたり、口を大きく開ける体操は有効です。さらに、マッサージも効果がありますから、動画サイトを検索して参考にすることをおすすめします。クリームを使うと、指先がスムーズに動きます。

若々しさは内側から!バランスのとれた食事が大切!

画像: 若々しさは内側から!バランスのとれた食事が大切!

ほうれい線を防ぎたいならば、毎日の食生活に気をつけることが大切です。まずは、栄養バランスが取れた食事を心がけましょう。最も重要視すべきことは、炭水化物とタンパク質、ビタミン類をまんべんなく摂取することです。
炭水化物はご飯やパン、麺類です。エネルギー源となりますが、過剰摂取は肥満の原因となりますので注意しましょう。また、タンパク質は筋肉の材料となりますが、低カロリーを心がけるべきですから、鶏の胸肉や青魚が最適です。さらに、野菜にはビタミン類が豊富に含まれています。特に、ブロッコリーやニンジンなどの緑黄色野菜に多いので、積極的に食べることをおすすめします。紫外線を浴びた場合も、肌の回復を促進します。
栄養バランスが取れた食事は美肌に効果がありますから、ほうれい線の予防に繋がります。


睡眠・栄養・運動でハリをキープ!

画像: 睡眠・栄養・運動でハリをキープ!

肌のハリを守ってほうれい線を予防したいなら、栄養に配慮すると同時に、睡眠と運動にも気をつけましょう。
睡眠時間が不足すると肌の回復が遅くなりますので、十分に確保することをおすすめします。特に、就寝する時間帯が重要となりますから注意すべきです。遅くとも深夜零時にはベッドに入って、肌の新陳代謝を促進することが肝心です。尚、必要な睡眠時間は個人差がありますが、続けて6~8時間眠れるように生活リズムを整えましょう。
また、姿勢を保ちながら運動をすることは、肌に好影響を与えます。とりわけ効果的な運動はウォーキングですが、正しい姿勢を保ちながら行うようにしましょう。視線をまっすぐにしながら、背筋を伸ばしてウォーキングを行うことによって、ほうれい線を防ぐことができます。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.